闇金相談

闇金相談取り立て解決

闇金相談取り立て解決

 

闇金からの債務整理について

消費者金融の中には、正規の登録をしていない業者や、法律で定められている上限金利をはるかに超える利率で返済を迫る業者、禁じられている家族や親せき、近所の人、同僚などに対する請求や恐喝まがいの請求などを行っている業者などがいます。

 

これらは正規の貸金業者とは別に闇金と呼ばれており、違法業者として摘発される存在です。基本的に、闇金から借り入れをしても元本以上の利息を請求されることがほとんどですし、昼夜問わず強引な方法で支払いを要求する業者ですので、長く付き合うほど精神的にも疲弊していきます。

 

そのため、相手が闇金だと分かったときには弁護士や司法書士に相談に行き、債務整理をしてもらうのが一番です。債務整理では、借り入れの利息を正規の利率に引き直して残高を支払ったり、払い過ぎているお金は請求をして返してもらいます。専門家へ相談すれば、通常の貸金業者等からの借り入れの債務整理も行ってますので、闇金問題や借金問題があったら早めに相談するようにしてください。

 

 

闇金から借金してしまった場合の対処法

消費者金融の審査に落ちてしまった場合、融資を利用できるのは闇金しか無い場合がありますが、返済できないトラブルが起こるため利用しないことが最も効果のある対処法となります。

 

返済できないのではなく返済させないことで利子を稼ぐのが闇金の目的ですから、簡単には返済できないのが特徴といえます。ジャンプという言葉が使われていますが、返済予約をしなかった事を理由にさせる場合もありますし、事前に連絡がなかったことで返済を受け付けないこともあります。

 

消費者金融のことはサラ金と表現されていますが、法律である貸金業法により運営しているため、闇金からみれば危険性の少ない融資となります。闇金は法律で定められた貸金業登録を行わずに営業している貸金業者ですから、一度闇金業者からお金を借りてしまった場合、素人が対応できるものではないといえます。

 

闇金の手口に引っかかった場合には、弁護士や司法書士に依頼して解決を図る必要があります。法律を無視した営業をしているため、悪質な取り立てを日常的に行ってきます。

 

精神的な影響が出るほど激しい取り立てを行いますので、一人で悩まずに法律の専門家に相談することが大切です。相談は無料で受け付けており、闇金からの被害を直ちにSTOPできるばかりか、支払った現金を回収することも可能です。被害が大きくなる前に相談することが大切です。

 

 

闇金業者からの被害を受けている方へ

闇金被害を受けている方は、一人で悩む必要はございません。闇金問題に精通したプロフェッショナル集団が、あなたの闇金被害をスピーディーに解決してくれます。

 

闇金業者からの借金でお困りの方、家族に嫌がらせが及んで悩んでいる方、会社への執拗な電話で会社に迷惑がかかっている方は無料相談サポートへ連絡するようにしましょう。

 

解決までの流れ

STEP1 無料相談

闇金被害に遭われている方は、まずは闇金問題を解決してきた実績ある司法書士事務所へ無料相談しましょう。電話(フリーダイヤル)かメールで受け付けています(全国対応)。

 

・「闇金から借金をしてしまったのですが縁をキッパリ切りたい」
・「闇金被害が酷いので何とか解決したい」
・「闇金の取り立てが酷くて眠れない」
・「会社まで電話がかかってくるのですが」
・「家族、子供にまで嫌がらせをしてくる」

 

など、少しでも不安や疑問があれば何なりと相談してみてください。闇金業者対策の専門家が相談に乗ってくれ心強い味方になってくれます。

 

 

STEP2 闇金問題の解決方法を決定

あなたの相談内容を踏まえ、どのようにすれば解決できるかを検討します。数多くの実績がある闇金に強い司法書士事務所であれば、あらゆるパターンの闇金問題に対応できるので、迅速に解決方法を見つけてくれます。

 

 

STEP3 闇金対策受任通知の発送

解決方法を決定すると、正式な受任通知をあなたにご連絡します。この手続きにより、あなたと司法書士との間で正式に闇金解決の依頼契約が結ばれることになります。

 

 

STEP4 闇金業者への支払い停止請求

受任通知(手続き)が完了すると、司法書士事務所は直ちに闇金業者へ法的に支払停止請求を行います。これにより、あなたへの取り立て行為や嫌がらせがSTOPします。

 

 

STEP5 闇金業者との交渉

司法書士事務所は、闇金業者と徹底的に戦います。あなたが有利になるよう金銭的な被害も最小限になるよう交渉をします。交渉次第では、支払ったお金が戻ってくる場合もあります。

 

 

STEP6 闇金問題を解決

司法書士事務所と闇金業者側との間で交渉がまとまれば、今後一切あなたに被害が被らないように手続きをし、法的、且つ平和的に闇金問題を解決します。闇金業者から縁を切ることができ、あなたの普段の日常生活を取り戻すことができます。

 

 

闇金に強い法務事務所

第1位 ウォーリア法務事務所

ウォーリア法務事務所
闇金相談業務
闇金相談料:無料
対応地域:全国
電話での相談:営業時間内で対応。それ以外は一時受け付けとなり翌営業日に行います。
メールでの相談:年中無休24時間受付中

 

無料相談ダイヤル: 0120-609-015
闇金解決実績No1 ウォーリア法務事務所
ヤミ金解決のウォーリア法務事務所

 

事務所拠点

所在地:大阪市北区西天満4丁目10番4
電話受付時間:8:30〜22:30
メール相談は24時間受付中

 

第2位 ジャパンネット法務事務所

ジャパンネット法務事務所
闇金相談料:無料
対応地域:全国

 

無料相談ダイヤル: 0120-705-163
相談無料ジャパンネット詳細はこちら

 

第3位 エストリーガルオフィス

エストリーガルオフィス
闇金相談料:無料
対応地域:全国

 

無料相談ダイヤル: 0120-136-018
相談無料エストリーガルオフィスはこちら

 

ヤミ金の業者の特徴について

ヤミ金業者とは、無許可で行う貸金業者で、高利貸しの中でも暴利をむさぼる貸金業者です。ヤミ金に手を染める人の特徴として、ギャンブル癖や浪費癖がある人が多いですが、トイチ(10日で1割)と言われる金利は、年利換算すれば300%を超えています。

 

しかし、今やトイチで貸し出すヤミ金はまだやさしい方で、10日で3割(トサン)1週間で3割(週三)というような業者も多いようです

 

。表面的には、改正貸金業法の完全施行で、2012年に金利上限が20%となりグレーゾーン金利が廃止となり、それ以上の金利で貸し出しをした場合に、刑事罰が科せられるのが、そもそも、それは届出消費者金融に対して規制をしていることであり、ヤミ金が貸し出す金利はそれを超越した概念であり、彼らは違法であることを理解して貸し出しをしているのと、当然、借りる側もそれを理解して借りていることは、はっきりしています。

 

ヤミ金の特徴として、不良債務者に貸し出しをしていることから、最初から返済が可能とは判断していません。そのことから、元金の返済は求めず、金利のみの返済を促してくることがほとんどです。彼らには、法律は通用しないので、過払い請求や弁護士も役に立ちません。ヤミ金撲滅は借りないことで可能となるでしょう。

 

 

ヤミ金の手口:押し貸し

ヤミ金融の手口のひとつに「押し貸し」という方法があります。これは、ヤミ金融が勝手にこちらの口座にお金を振り込んでくるやり方です。金額はだいたい1万円から3万円くらいと少額である場合が多いです。

 

何かの間違いかもしれないとそのままにしておきますと、その後ヤミ金融から連絡があり、高額な利息とともに返済をせまってきます。「押し貸し」の被害に遭うのは、ヤミ金融と以前取引があったという人が多いです。もしくは最近申し込みに行ったが、金利が高くて断ったという人もいます。

 

どちらの場合も申し込みに時には当然個人情報などをヤミ金融側に伝えますので、その時に教えた銀行口座に勝手にお金を振り込んできます。この「押し貸し」を防ぐには何よりヤミ金融に教えた銀行などの口座はすぐさま解約することです。

 

公共料金や家賃の引き落とし口座であるので簡単には解約できないと、解約を渋る人も多いですが、闇金に知られた口座はどのように利用されるかわかりませんので非常に危険です。

 

実際に怖くて契約してもいないのに返済してしまう人も多いです。今後もつけこまれる場合が多いですので、「押し貸し」の被害に遭ったらできるだけ早く法律の専門家に相談することが大切です。

 

 

闇金情報の調べ方

闇金は通常、きちんと登録している正規の貸金業者の中にまぎれています。そのため、自分ではきちんとした業者に借り入れをしていると思っていても、実際にはヤミ金であったというケースも少なくありません。

 

あまり聞き慣れないような業者名だけでなく、全国的によく名前が知られている大手の消費者金融系に非常に良く似た名前で営業して、間違えて申し込みをしてしまったというケースもあります。ヤミ金から借り入れをしてしまったときには、弁護士や司法書士といった法律の専門家の元にすぐに相談に行くのが最も良い方法です。

 

また、警察にも連絡をして、なかなか実態がつかめない闇金を摘発するための情報提供をすることもできます。しかし、できればこのような業者には関わらないにこしたことはありませんので、あらかじめ回避しておくようにしたほうが良いでしょう。方法はいろいろありますが、あま聞いたことのない業者名であれば、ネットで名称を入力して情報を集めるというのが簡単です。

 

キャッシングの利用者は非常に多く、正規の業者もヤミ金も、実際に利用した人の体験談が多数掲載されています。特に闇金は注意すべき業者としてリストアップされていますので、すぐ判断できます。

 

 

 

闇金トラブルと司法書士の役割

つい闇金からお金を借りてしまった人はいませんか。闇金は、利息制限法違反の大変高い利息の支払いを要求してきます。そして、あなたが返済できなくなると、あなたの自宅にやってくるだけではなく、職場や別居している家族の自宅や職場にやってくるなどして、あなたや他の人に迷惑をかけるような厄介な存在です。

 

そのような問題でお困りの方は、すぐに司法書士に相談、依頼すべきです。まず、弁護士はあなたに必要な法律知識を提供します。例えば、利息制限法など各種法律の上限金利を大きく上回るような金利での貸し付けは公序良俗違反で無効となり、返済義務もありません。

 

そのような、あなたにとって必要な法的知識を教えてくれるのが役割の一つです。次に、司法書士は、あなたに変わって闇金に対してアクションを起こします。これ以上支払わない旨の通知を作成して送付したり、電話をしてその旨述べたりします。

 

通常、司法書士が介入すれば、闇金といえどもそれ以上の取り立てや嫌がらせを行うことはありません。さらに、司法書士はあなたの生活の再建プランを検討します。

 

闇金からお金を借りる人は、すでに消費者金融などからお金を借りて自転車操業状態になっていることが多いので、それを解消するために必要な手段を提示してくれるでしょう。そのようなことですので、闇金からお金を借りてしまったら、すぐに司法書士に相談しましょう。

 

 

闇金と借りたお金の返済義務について

闇金とは法律に定められた方法以外で出資する行為をする金融業者です。利息が異常に高い、返済が遅れたりすると嫌がらせをされたりするなど、ヤミ金で借りてしまったら返済がとても大変になってしまいます。

 

そんな闇金への返済義務は、出資法違反をしている場合には支払い義務はありません。法律上で定められた利息よりも高い利息29.2%を超える利息を請求することは犯罪行為にあたります。

 

さらに暴力や嫌がらせといった行為や、早朝や深夜の取立て行為など、法律を無視した取立てをした場合には、資金業規正法で禁止されているために、法律に触れるので、その行為をした場合には罰せられます。

 

そういった行為をする闇金に対する返済義務はありません。闇金からの取立て行為が収まらない、嫌がらせ行為が続いてしまっている場合には、毅然とした態度で対処して、決して支払ってはいけません。

 

どうしても収まらない場合には司法書士に相談するとしっかりと対処してもらうことができます。闇金は本人以外にも、お金が取れそうなところからはどこからでも取るスタンスのところが大半のために、家族や親戚、勤務先などに被害がおよび、迷惑をかけてしまうので、早く対処するべきです。

 

 

闇金と借金

生活をしていると、どうしてもお金が必要になってしまうことがあります。定職を持たれている方は、銀行や消費者金融、信販会社などでお金を借りることができますが、総量規制の3分の1を超える債務があったり、複数の貸し金業者に債務がある方は、ヤミ金でお金を借りた経験のある方がおられます。

 

闇金とは知らずに、借金をしてしまい、返済が滞ってしまって厳しい取り立てに悩んでいる方が増えています。取り立てが厳しくても、お金を返済せずに消費者センターや、司法書士や弁護士に相談をすることが大切です。利息制限法が定めている金利よりも、高金利の場合は返済をする必要がないので、返済をする必要がありません。

 

闇金から、借金をしてしまい厳しい取り立てや、嫌がらせに悩んでいる方は警察に相談をすることも大事です。信頼できる弁護士や司法書士に依頼すると、取り立てや嫌がらせをやめさせることが出来るので、安心して生活ができるようになります。

 

借金問題で悩んでいる方は、夜も眠れずに悩んでいる方が多いので、一人で悩まずに解決策を提案してもらって下さい。借金問題が解決をしたら、安易にお金を借りるのは避けるようにしましょう。ヤミ金には、お金を借りないようにすることが大事です。

 

 

闇金と口座凍結とその解除について

闇金は警察に捕まらないように、第三者の名義の預金口座を入手して、融資の返済はその個人名の口座を指定することがほとんどです。ヤミ金に現金をだまし取られた人がお金を取り戻したいというときには、この預金の口座凍結の手続きを行い、そこに入っている金額を差し押さえるというのが一般的な方法です。

 

一度口座凍結をされた預金はヤミ金では解除できませんので、他の人からの振り込みがあった場合でも払い出すことができません。また、この手続きは裁判所を通して行いますが、通常であれば預金を押さえた後の口座は解除されるところ、警察に連絡をしておくことで口座を使えない状態を維持することができます。

 

したがって、ヤミ金から借り入れをして法律で定められている以上のお金を返済してしまった場合には、まず差し押さえを行い、訴訟で債務名義を取るとともに警察に連絡を入れて業者に対する被害届を出します。

 

そして、差し押さえの決定が出たら預金に入っているお金を取り戻すという流れになります。その後も警察は捜査を続け、口座を手掛かりに業者を突き止めたり、口座を使えなくしてこれ以上の被害を食い止めるように動いています。これらの手続きは弁護士か司法書士に相談しましょう。

更新履歴